銀さんとゲームと生活記

ゲーム制作でのメモみたいなもの

【UE4】シーケンサーで映画の表現を再現[カメラの手持ち感]

時間があれば1日に1映画見るほど映画好きな人です。

今回は、UE4.12で正式版となったマチネに代わる映像制作ツール「シーケンサー」を

使って映像作品で見る表現を作っていこうと思います。

 

今回作るのは、

カメラの手持ち感!

カメラの手持ち?ってなった方!

手持ち感があるだけで映像ってめっちゃ臨場感出せるんです!

www.youtube.com

↑の映像では、手持ちで撮られているシーンも使われているのでオススメです。

 

UE4では、何もなしにカメラを移動させるとスーッとそのまま綺麗に流れます。

そう!綺麗に流れます。綺麗に。というか綺麗すぎる。

ということで手持ち感(手ぶれ)をだしたいっ!

 

※今回のバージョンは、UE4.14です。

 

【1】Level Sequenceでシーケンサーを立ち上げる。

f:id:Gingamedev:20161122215745j:plain

【2】Cine Camera Actorをレベル上に配置する。

※このときShiftを押しながら配置するとSpawnnableとして追加される。

f:id:Gingamedev:20161122220446p:plain

【3】取りあえずいい感じにカメラを動かしてみる(*'▽')

www.youtube.com

↑今回は、こんな感じでカメラを動かしてみました。

 

【4】BluePrintClassからCameraShakeを追加する。

f:id:Gingamedev:20161122223232j:plain

【5】CameraShakeの設定はこんな感じです。

(※感覚で打ち込んだだけなのでリアルの手持ち感を見せるためには

もっと修正がいります)

f:id:Gingamedev:20161122230638j:plain

【6】CameraComponentのTrackに新しくCamera Shakeが追加されているはずなので

先ほど作ったCameraShakeを追加する。

f:id:Gingamedev:20161122224159j:plain

【7】追加されているのを確認する。

※このとき1.5秒でShakeが切れているがキャラクターのアニメーションのように

引き延ばしてしまうとshakeが上手いこと反映されないのでまた新しく追加する。

f:id:Gingamedev:20161122224252j:plain

f:id:Gingamedev:20161122224605p:plain

【8】実際に動かしてみる。

※多少の違和感は数値を弄ることで恐らくマシになります。

youtu.be